FAST COMPANY アメリカで最もイノベーティブな会社の最新事例をご紹介!

FAST COMPANY アメリカで最もイノベーティブな会社の最新事例をご紹介!
2017-05-22

原題 FAST COMPANY March 2017


成長するために、やれることはまだまだたくさんあります。
私はビジネスは自己表現だと感じています。
あなたはどこから取り組んでみますか?

...by 神田昌典

今回ご紹介するのは、ビジネスモデルの変革や
注目のスタートアップなどが取り上げられている雑誌、
「 FAST COMPANY 」。
とてもクオリティの高い記事を掲載することで有名です。

今回の特集は「全世界で最もイノベーティブな50の会社」。

その一覧を見てみると、
アマゾンや facebook など馴染みのある有名企業や
「 blippar 」という比較的新しい企業も名前を連ねています。

そんな中で日本の会社を調べてみると・・・
なんと1社だけ。

世界に展開している日本発の企業はたくさんあるのにも関わらず、
イノベーティブだと認識されているのはわずか1社しかないのです。

これはとても残念なことのように思えますが、
実はまだ日本の企業はイノベーションを起こし、
成長できる余地がある!ということ。


今回特集されている企業が
どのようなイノベーションを起こしているのか、
少しだけご紹介すると・・・

例えば「 blippar 」という企業は
拡張現実( AR )のアプリを開発しています。

すでに日本にも支社があり、全世界に支社を展開している、
今、成長している企業です。

例えばこの企業が展開している「 blippar 」というサービスで
アプリで雑誌を「 blip 」すると
その記事に関連した広告を映像で見ることができるようになっています。

また、コカコーラ社とのキャンペーンでは、
コカコーラの缶を「 blip 」すると、
アプリがジュークボックスとなり音楽を楽しめる
というような広告をタッグを組んで打ち出したようです。

このように新たな技術を使って、
革新的なビジネスが次々と生まれています。

一度成熟しきってしまったと感じている企業も
アメリカにあるような企業を参考にすることで、
さらに成長するための突破口が見えてくるかもしれません。


あなたはどこから取り組み始めますか?



▼神田昌典が本書のご紹介&日本での活用法について
週刊オーディオ講義『実学M.B.A』でレクチャーしています。
定期購読メンバーは、専用アプリでお聴きください。

▼まだ購読されていない方は、この講義をはじめとして、
海外ビジネス書170冊超の紹介、優れた経営者210人超との対談など
いまから2週間、無料でお聴きいただけます。 無料で聴く ☞