Narrative and Numbers 市場を拡げていく物語のチカラとは?

Narrative and Numbers 市場を拡げていく物語のチカラとは?
2017-09-30

原題 Narrative and Numbers : The Value of Stories in Business

著者 Aswath Damodaran

「言葉と数字」というのは
ビジネスにおいて、とても本質的な要素です。
会社の物語のあり方で、その会社の評価がまったく変わってきます。
あなたは自分のビジネスを物語でどう表現しますか?

...by 神田昌典

「物語とビジネスがどう繋がるのか?」と
疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、ある会社が成長し、未来に向けて活動している背景には
必ず「物語」があります。

「物語」は成功する会社の根本的な要因なのです。


今回ご紹介する『 Narrative and Numbers 』では、
「物語と数字」の重要性について語られています。

例えば、あなたが投資を考えているとしましょう。

その会社からビジネスの説明をされたときに、

「弊社は年4%の成長率で、
コストは全体の60%を占めておりますが、
全体からみると23%の・・・」

と、延々と数字を連ねて説明されても、
「投資をしよう!」とは、なかなか踏み出せないですよね。

しかし、ここに「物語」のチカラを適切にマッチングすることによって、
とても大きな影響力が持てると、著者は言っています。

物語には、その会社がこれからどれだけ伸びていくのか、
そして、今後どうなっていくのかという、未来や夢が描かれます。

適切な数字が提示され、
その会社が描く未来や夢を見ることができた瞬間、
あなたは心を奪われるでしょう。



その会社が違う物語を描けば、
それに伴ってビジネスの市場もまた変わっていきます。

例えば、オンラインストアのアマゾンは
当初は本をメインに売っていましたが、
その後は音楽や雑貨など、幅広く品物を揃えるようになり、
それに伴って市場も拡大していきました。

本を売るのか、
それとも、生活に必要なものをすべて取り揃えて
必要なときにすぐに届けるのか、という物語の違いで、
市場規模がまったく異なってくるのです。


あなたのビジネスには、可能性がたくさん秘められています。

物語は、その可能性を最大限に発揮させるためのカギになるのです。



▼神田昌典が本書のご紹介&日本での活用法について
週刊オーディオ講義『実学M.B.A』でレクチャーしています。
定期購読メンバーは、専用アプリでお聴きください。

▼まだ購読されていない方は、この講義をはじめとして、
海外ビジネス書170冊超の紹介、優れた経営者210人超との対談など
いまから2週間、無料でお聴きいただけます。 無料で聴く ☞