住友銀行、秘密の歴史

住友銀行、秘密の歴史
2017-06-26

戦後最大級の経済事件といわれる「イトマン事件」。
裏社会とつながり、住友銀行を揺るがした大事件だが、
それが発覚したきっかけは、
「レター」と題する内部告発文書が、
マスコミや大蔵省に届けられたからだった。

その告発文は、イトマンの便箋に書き綴られ、
イトマンの封筒で郵送された。
ただ長い間、わからなかったのは、
「告発者は誰だったのか?」ということである。

それから20数年がたち、
分厚い一冊の本が、突然その告発者から上梓された。

告発者は、元・住友銀行の國重惇史氏と判明した。
同氏は、銀行ではバリバリの出世街道を突き進んできたが、
「銀行を揺るがす大事件が起こっている」と直感。
1990年3月から毎日、克明に日記をつけ始めた。

「墓場まで持っていくはずだった」
 —— このメモをもとに、当時の物語を再現したのが、
『住友銀行秘史』(講談社)である。
発売したとたんに10万部超の大ベストセラー。
日本の経済史に確実に残る本が出版された。

このイトマン事件は、
常人の想像をはるかに超えたドラマだったが、
その語り部たる國重氏の人生そのものも、
驚きのドラマである。


住友銀行退職後、國重氏は
勤務した証券会社が楽天に買収された結果、
楽天証券の社長に。
三木谷浩史氏の右腕として、
楽天グループでもナンバー2になったが、
2014年に、「とある理由」で、突如退任。

その結果、時間ができたために、
本書を出版できたという。
そして本を出したとたん、大ベストセラーに。

私の理解を、大幅に超えている人物だ。
おそらくあなたの常識をも、
このインタビューはガラガラと崩してしまうだろう。

私がインタビューを行ってきた15年来の歴史でも、
1、2位を争う不思議な対談。
ここから、新しい経済史が始まるような気がしてならない。


内容の一部をあげると……

→ トップがすべて。企業体質は20年前と変わっているか?

→ 仕事をスムーズに進ませる秘訣は人に「任せる」こと

→ 自分らしくあるがままに生きれば才能は発揮できる


▼神田昌典が、週刊オーディオ講義『実学M.B.A』で
ビジネス成功の鍵を本音で対談しています。
定期購読メンバーは、専用アプリでお聴きください。

▼まだ購読されていない方は、この講義をはじめとして、
海外ビジネス書170冊超の紹介、優れた経営者210人超との対談など
いまから2週間、無料でお聴きいただけます。 無料で聴く ☞