巨大市場・中国でチャンスをつかめる会社 vs つかめない会社

巨大市場・中国でチャンスをつかめる会社 vs つかめない会社
2017-11-11

まずは、あなたに質問だ。
もしも言語の壁がないなら?

あなたは、目の前にある巨大市場、中国とビジネスをしたいだろうか?

答えがYESなら、あと5年もしないうちに、
人工知能(AI)による同時通訳が実現しているから、
言葉の違いはまったく障害にならない。

そして、あと10年もしないうちに、
日本と中国の市場は、地域差を感じないほどに融合するはずだ。

この市場の融合を牽引している人物が、今回インタビューさせていただいた
船井上海(船井〈上海〉商務信息咨询有限公司)の総経理・中野好純氏である。

彼は、抗日運動が激化する2012年に、
船井総研グループの中国拠点である船井上海を立ち上げた。

そして日本からの進出企業の支援だけではなく、
中国人経営者を対象に経営研究会を組織した。

その結果、今や船井流経営法を学んでいる、中国人飲食店経営者が急増している。

このまま進めば、一気に「大陸の間口」が、
多くの日本人経営者に開かれることになるだろう。


なぜなら、船井総合研究所の経営研究会は、
飲食業界をはじめ、多業種で展開している。

今の勢いで、中野氏が事業展開を進めていくならば、今後、多くの業界で、
中国と日本の商慣習の差がなくなっていくと予想されるからだ。

言語という壁、ビジネス慣習の違いという壁がなくなっていく今、
壁があるとすれば、それは私たちの心の中にあるだけだ。

日本に引きこもろうとせず、いまから心構えをしておくならば、
人口14億人を対象としたビジネスを始められる。

もし、あなたが未来に向けて、自分のビジネスを発展させたいなら、
いまこそアジア市場が融合する5年後に向けて、準備を開始せよ。


●内容の一部を紹介すると……

→ 自社の強みを明らかにすると市場は世界へと一気に広がる

→ 今の中国市場は、人材・モラルが日本同様に成長している

→ 失敗してもいい。取りあえず「始める」ことが大切


▼神田昌典が、週刊オーディオ講義『実学M.B.A』で
ビジネス成功の鍵を本音で対談しています。
定期購読メンバーは、専用アプリでお聴きください。

▼まだ購読されていない方は、この講義をはじめとして、
海外ビジネス書170冊超の紹介、優れた経営者210人超との対談など
いまから2週間、無料でお聴きいただけます。 無料で聴く ☞