時代の節目にはファッションが登場!? ―― 神田さんのFacebook記事の楽しみ方

時代の節目にはファッションが登場!? ―― 神田さんのFacebook記事の楽しみ方
2017-05-02

こんにちは。WIZINE編集チームの長谷川さ織です。

ご覧になった方も多いと思いますが――
4月中旬、神田さんのFacebookに、2回連続でファッション関係の記事が並びました。
パリ在住のデザイナーである日爪ノブキさんとの食事会と、
ディオールのレセプションの記事です。

https://www.facebook.com/KandaandFriends/

日爪さんには、2009年にオーディオセミナーの119号
――「ビジネスで先手をうつには、ファッション業界から学べ」にご登場いただきました。

確か当時の最年少記録でしたが、ご覧ください。
画像からあふれるこの華やかさ、キュートさ。
8年経っても変わらないどころか、ますます磨きがかかっています。

――さて。個人的にこの2つの記事を見て思い出したのが、
2012年2月に紀伊國屋ホールで開催された、『2022』の初回講演会。

ディオールの2012春夏コレクションを彷彿とさせる
白の上下+黒のハットという装いで登場した神田さんを見たとき、
その帽子をフィーチャリングしたファッションに、
「これから新たな時代が始まるよ」というメッセージが込められているのではないかと、
ひとりドキドキしていました。

というのも、2009年に日爪さんと神田さんがオーディオセミナーで対談した際に、
「帽子は、時代のエネルギーを察知するための、人間の外部器官!?
新たな時代の始まりは帽子から生まれる」

という話題が出ていたから。

確かに、あの講演会の直後から、知識創造社会が加速度的に進みましたよね。


そして、2012年からの2022講演会がちょうど折り返し地点を迎えた今年、
全国講演スケジュールが完了したこの時期に並んだファッション関係の記事。

これは、
知識創造社会におけるビジネスモデルを見直すタイミングということなのか、
さらなる時代の変化の先取りなのか、はたして ――

……と、こんなふうに今までのオーディオセミナーや講演会の内容をリンクさせて、
妄想を膨らませながら神田さんのFacebookの記事を読むと、いっそういろいろ楽しめます。

よろしければぜひ、お試しください。


最後に、ディオールのレセプション翌日に
神田さんがスタッフに話された内容が印象的だったので、ご紹介しますね。

「今回のレセプションは、
ランウェイをモデルがウォークする一般的なショーの形ではなく、
モデルはみんな、ショーケースの中。

つまり、モデルは一切動かない。

すると、どうなるか?

――観客のほうが動く。1万人の観客が動き始める。

つまり、自分が動いたら影響力は持ちえない。

だから、どれだけ時代が変化しても、
むしろ変化するからこそ、自分の軸をぶらさずにいることが大事なんだよね。」


おおーっ!と、どよめくスタッフ一同でした……。


▼ビジネスとファッションの関係については、オーディオセミナー119号で復習ください。
「ダントツオーディオセミナー」と洋トラ(「洋書トライアスロン」)の
バックナンバーがすべて聴き放題になる『実学M.B.A』。詳細・お申し込みは こちら ☞

P.S.
実は日爪さん、ジーニアス・コードもフォトリーディングも受講されていて、
ブレークのきっかけはあの、『非常識な成功法則』だとか。
このあたりのお話にも、ビジネスのヒントが満載です!